子供と2人で日帰り有馬温泉 「金の湯」と「銀の湯」はしごしました

こんにちは!marchです。

紅葉の見頃が終わった12月上旬、子どもと2人で有馬温泉に行ってきました。

関西の奥座敷・有馬温泉は宿泊するのはお高いイメージですが、

大阪からアクセスがよいし、外湯めぐりもできて、日帰りで十分楽しめるところです。

温泉好きは5歳娘と2人で楽しんできました♪

12月上旬。紅葉の見ごろは終わっていて残念でしたが、逆に観光客数は落ち着いていて、温泉メインで行くにはちょうどよかったです。

有馬温泉へは六甲ケーブル・有馬六甲ロープウェイで行ってきました。

ロープウェイ有馬温泉駅から近い銀の湯に先に行きました

有馬温泉 銀の湯 基本情報

◇営業時間

午前9時~午後9時(入館は午後8時30分まで)

◇定休日

第1・第3火曜日(祝日営業 翌日休)及び 1月1日

◇料金

大人(中学生以上):550円

小人(小学生):290円

幼児:無料

2館券(金の湯・銀の湯):850円

金の湯も入るつもりだったので、お得な2館券850円を購入しました。

通常なら、金の湯650円+銀の湯550円=1200円となるので、350円もお得です

娘はまだ保育園児なので、無料でした♪

銀の湯は1階建て 休憩スペースもあり

銀の湯は1階建て。

入口を入ると100円リターン式の靴箱へ靴を入れます。

あがると自動券売機があり、受付で券を見せて脱衣所ロッカーの番号をもらってお風呂へと進みます。

無料の幼児はロッカーを割り当てられませんでしたので、娘と私と2人で1つのロッカーを使いました。

脱衣所にはトイレもあり、洋式でとてもキレイ♪

脱衣所の洗面にはドライヤーがありました。

入口の受付の横は休憩スペースがあり、飲料やアイスの自動販売機、マッサージチェア、ソファーがありました。

銀の湯は透明のお湯 浴槽は1つ

お風呂は1つ。有馬温泉で有名な金の湯と違い、こちらは普通の透明のお風呂だけです。

浴槽は1つですが、端っこの方はボコボコ泡がでるマッサージ湯みたいになってました。

お湯は42度くらいと思われます。ちょっと熱いけど、熱すぎることなく、幼児でも入れます。

半身浴しながら、15分くらい入れました。

洗い場は8か所くらいだったかな。ボディーソープリンスインシャンプーがありました。

こじんまりした銭湯といった感じです。

土曜日の午前 銀の湯の混雑状況

日帰り有馬温泉に行ったのは12月上旬の土曜日。

10時くらいに銀の湯に行きました。

銀の湯は温泉街の坂の上の方なので、人が少な目で、空いていました

お客さんは私たちを含め、6名~8名くらいでした。

脱衣所も、洗い場も、浴槽も、ゆったり入ることができました!

午前だけど、登山みたいな恰好の方もいたし、外国人観光客の方もいました。

11月の紅葉が見頃の季節は朝からかなりお客さん多いそうです!

紅葉の季節とはずして来てよかったです。。。

着替えとお風呂で30分ちょい+休憩スペースで入浴後にアイスをたべてゆっくりして、1時間くらい銀の湯に滞在しました。

有馬温泉街をちょこっと散策して、次は金の湯に向かいます!


有馬温泉 金の湯 基本情報

◇営業時間

午前8時~午後10時(最終入館は午後9時30分まで)

◇定休日

第2火曜日・第4火曜日(祝日営業、翌日休)及び1月1日

◇料金

大人(中学生以上):650円

小人(小学生):340円

幼児:無料

2館券(金の湯・銀の湯):850円

銀の湯より、金の湯の方が100円高いですね。

定休日はさすがに金の湯・銀の湯ずらしてますね。

金の湯 1階は受付と休憩スペース お風呂は2階

銀の湯は1階建てでしたが、金の湯は2階建てです。金の湯の方が全体的に広いです。

やはり、有馬温泉といえば、あの、独特な色のお風呂のある金の湯ですものね。

1階の入口を入ると、靴箱。銀の湯と違って100円不要の靴ロッカーです。

受付で券を見せて、銀の湯と同じく、脱衣所ロッカーの番号札をもらってから、2階のお風呂へ進みます。

脱衣所も銀の湯よりは広かったです。でも、そんなに広いわけではなく、お客さんが多いとぱぱっと急いで着替えないといけない感じです。。

金の湯にも脱衣所にキレイなトイレがあり、洗面スペースにドライヤーがありました。

金の湯の浴槽は3つあります

お風呂は有馬温泉の有名な金泉です。娘には最初キンキラのお風呂だよーって話していたのですが、実際見た娘は、黄土色やん。。。って。

そう、金の湯と言いますが、黄土色です。。。

金泉の浴槽が2つ。44度くらいの熱い浴槽と、42度くらいの浴槽

44度は、本当にあついです。でも長ーくはいっているお客さんいました。スゴイ…。

42度もまぁまぁ熱いけど、5分~10分は入っていられます。

プラス、無色透明の浴槽が1つ。この無色透明は温泉ではなく水道水と記載がありました。まぁまぁ混雑していましたが、水道水のお風呂は誰も入っていませんでした。。。

洗い場は銀の湯よりかなり多くて、20か所くらいありました。

ボディーソープリンスインシャンプーがありました。

土曜日のお昼 金の湯の混雑状況

銀の湯を11時くらいに出て、温泉街を散策して、確かお昼の11時50分頃に金の湯に行きました。

ちょうど、外国人観光客の団体さんが出て行くところでした!

脱衣所・お風呂はそんなに混雑することなく、でも空いているわけではなく。

でもちょうどいいタイミング入っていたお客さんが出て行ったりで、私たちが上がる頃は脱衣所はかなり空いていました。

12時過ぎがちょうど空いている時間だったと思います。私たちが行った日だけのデータですが…。みんなランチタイムになるからでしょうか。

事前にネットで調べたときに、平日でもお昼は入場制限がかかることがあると見ていたので、土曜日なのに、普通に入れたし、空いてきたし、ラッキーでした♪

やはり、紅葉とずらしたのが正解でした。

金の湯は無料の足湯もあります

金の湯は建物の外に足湯があります。足湯だけなら無料です。

足湯も有馬温泉の有名な金泉ですよ~!

お昼過ぎ、温泉のあとに、足湯も入りに行きましたが、お客さんいっぱいでした。

私たちがちょっと空いているスペースに入れてもらい足湯に入ったあと、待っているお客さんもいました。

ここで注意!足湯から上がるとき、足を拭くためのタオル!

金泉の黄土色が思いっきり付きます!

捨ててもいいタオルで足を拭いてください!



有馬温泉で首と肩の痛みが治った

有馬温泉に行く1~2週間前から、首と肩と背中がずーーーっと痛くて。。。最初は寝違えたのかと思っていたけれど、アラフォーの加齢か、ストレスか、よくわからないけどなかなか治らなくて辛かったけれど、

有馬温泉の金の湯・銀の湯に行った日の晩からすっかり良くなったのです!!

温泉ってホントに効果があるんですね!!!

大阪から日帰りで行ける有馬温泉。

観光気分もばっちり味わえるし、温泉で体の調子も良くなるし、行ってよかったです!

子供連れでも温泉はしご、楽しめました!

また、有馬温泉行きたいなぁ♪

有馬温泉へのアクセス編 → 有馬温泉へは自然の迫力満点の六甲有馬ロープウェイで!有馬六甲周遊パスがお得!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする