子連れで神戸コンチェルトに乗船しました!船内の様子や服装などレポート

こんにちは!marchです。

1月下旬の平日、6歳娘と2人で神戸コンチェルトに乗船してきました!

新婚のころ、結婚祝いでコンチェルトディナークルーズのチケットを頂いて夫と2人で乗船したことがあり、それはそれは優雅なひと時を過ごした記憶があります。

今回は、たまたまペア乗船招待券が手に入ったので、レストランは利用せず、「乗船のみ」してきました。

乗船のみではどう過ごす? 子供連れでも大丈夫? 服装は?

気になるところをチェックして乗船してきましたのでレポートしますね~♪

神戸の船上エンターテイメント コンチェルト基本情報

コンチェルトは神戸ハーバーランドから出航し、明石海峡大橋までをめぐるクルーズ船です。

船内にはレストランがあり、海の上からの景色を眺めながら、美味しいお料理を楽しみ、ミュージシャンの生演奏もある優雅で贅沢なクルーズ船です。

◇住所・連絡先

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-6-1 ハーバーランドモザイク1階

TEL:078-360-5600

コンチェルト乗船料・食事代

コンチェルトは4つの時間帯で運航されています。

  • ランチクルーズ(12:00~14:00): 乗船料 大人2,900円 小学生1,450円 幼児無料
  • ティークルーズ(14:30~16:00): 乗船料 大人2,200円 小学生1,100円 幼児無料
  • トワイライトクルーズ(17:15~19:00):乗船料 大人2,500円 小学生1,250円 幼児無料
  • ディナークルーズ(19:30~21:30): 乗船料 大人2,900円 小学生1,450円 幼児無料

乗船のみの料金です。

食事代は、ランチクルーズは3,900円~、ティークルーズは1,600円~、トワイライト・ディナーは5,000円~、一番リーズナブルなコースメニューでも乗船料プラス食事代がこれだけかかります!

なかなか、普段はできない贅沢なクルージングです!

コンチェルトは乗船のみも可能 事前予約が安心

コンチェルトは基本はレストラン船ですが、食事なしで、乗るだけでもOKです!

まだ年長さんの娘と船上レストランで癒しのひととき…☆は我が家には贅沢すぎです(汗)親子2人で乗るだけにしてみました。

乗船のみでも、事前に予約はしました。

船なので定員があるし、平日でも予約しておくのが安心です。

電話予約で、「食事はなしで乗船のみしたい」と申し出ると、快く予約を受けてくださいました☆ よかった…

乗船時間が一番短いティークルーズにしました。



子連れでコンチェルトに乗船!

真冬の平日午後のティークルーズ。6歳娘と2人で行ってきました!

乗船の30分前に神戸ハーバーランドモザイク1階にあるコンチェルトチケットカウンターへ。

予約しているので受付で名前を言うとすぐに乗船券を出してもらえました。

待ち合い席は割と席数がありますが、すでに多くの人が!平日でもいっぱいなのかなぁ。

チケットカウンターには、お土産屋さんや、トイレもあり、乗船までの間をゆっくり過ごすことができます。乗船できるのは出航10分前からでした。

待ち合い席がいっぱいだったので、外に出て船の写真を撮ったりして乗船開始時間を待つことにしました。

コンチェルトに乗船するとロビーでは生演奏でお出迎え♪

いよいよ乗船! 娘は船に乗るのは初めてです。

入ってすぐのロビーではピアノとクラリネットの生演奏でお出迎えです♪

おぉ~♪優雅~♪

日によって、ソプラノ歌手だったり、サックスだったり、フルートだったり、演奏者はちがうようです。

コンチェルト「乗船のみ」の過ごし方

コンチェルト船内は、レストラン数か所と、小さなお部屋もいくつかあり、全部で9つに分かれています。

私たちが乗船したティークルーズで、食事(スイーツ)をすると予約しているお客さんは、ストロベリースイーツビュッフェの会場と、ケーキセット等の会場の2つがあったようです。

私たち親子は乗船のみなので、受付でもらったチケットに「乗船のみ」「部屋・オパール」と書いてありました。

乗船のみで行ける場所は、オパールという部屋吹きさらしのデッキエントランスロビーの3か所となります。

オパール

エントランスの近くにある小さめなお部屋でした。20名くらいが入れる感じです。

窓側の席からは景色がバッチリ楽しめます。

私たちはロビーで生演奏をいつまでも聴いていて遅れてこの部屋に行ってみると、もう窓側の席は埋まっていて、それにちょっと狭くて窮屈な感じがしたので、真冬ですが吹きさらしのデッキにあがることにしました。

デッキ

コンチェルト船上のデッキです。

景色が見やすいように椅子が並べてあったり、テーブルもあり、ゆったり過ごせるところです。

真冬ですが、風が強くない日だったので、寒くてツライとかはなく、気持ちよかったです。

何組かのお客さんがこのデッキにさっそく上がってきていましたが、出航すると、食事を予約している方はレストランに入ってください~と係員さんの案内がありました。

出航するときは地上スタッフさんがバイバーイといつまでも手を振ってくれましたよ。

出航して15分くらい神戸らしい景色を楽しめました。しばらく乗船のみのお客さんがデッキでゆっくり過ごしました。

平日なので人が少なく快適♪土日だったら、もっと混雑するかもしれませんね。

エントランスロビー

私はしばらくデッキで過ごしたかったけど、20分程度でデッキに飽きてしまった娘は、船内に戻りたいと言うので、エントランスロビーに行ってみました。

乗船時はピアノとクラリネットの演奏がありましたが、出航後はたぶん、各レストランで演奏されていたのだと思います。ピアノと、ソファーテーブルがいくつかあるエントランスロビーでゆっくりすることにしました。

エントランスロビーでも、窓側の席からは海と神戸の街の景色が楽しめます。

コンチェルト船内は飲食物持ち込み不可

コンチェルトでは飲食物の持ち込みは不可です。

オパールの部屋や、エントランスロビーのテーブル上に、乗船のみのお客さんでも注文できるメニューが置いてありました。

 

コーヒーやジュースは500円。ソフトクリームは450円。ちょっとした軽食メニューもあります。

豪華客船としては良心的な価格だと思います。

ひじょーーにお腹がすいていたので、おつまみセット(コーヒー+スナック)800円、オレンジジュース500円をオーダーしました。

乗船は招待券で無料だったので、ドリンクとスナック代税込1,404円のみでコンチェルト楽しみました♪

優雅な船内で、おしゃれな食器で飲むコーヒーはすごく美味しかったです♡

ポテチとポッキーと柿ピーは娘と一緒に食べました♪

平日なので、このエントランスロビー席も空いていて、最終的に残り時間はここでゆっくり過ごしました。

コンチェルトクルーズ 明石大橋手前で折り返し

コンチェルトは明石大橋を超えることはなく、橋が見えるところまで行ったら、折り返しです。

この時点で、レストランの方は食事が終わっていたりするので、デッキに上がって明石大橋をバックに写真撮影タイムです。

夫と新婚時代に乗船したときもそんな感じでしたねーなつかしー。。

娘はエントランスロビーのソファーでだらだらして、もうデッキ行かなくていい、と言うので、窓から明石大橋の写真を一応撮っておきました。。。

ランチクルーズやディナークルーズは時間がもう少し長いので、もうちょっと橋の近くまで行くはずです。ティークルーズでは須磨海浜水族園沖あたりで降り返しでした。

コンチェルト乗船の服装は?

さて、生演奏あり、レストランあり、の豪華コンチェルトクルーズですが、お客さんの服装はどんなだったか?

ティークルーズの時間については、全然カジュアルでOKでした

私自身も、実はジーパン&ムートンブーツで行きました(笑)

スカート&パンプスも検討したけど、真冬だったので、アラフォーはファッションより寒さ対策優先してしましました。でも結果OKでした。

もちろん、キレイにオシャレしている方もたくさんいましたし、逆にスニーカーの人もいました。平日のティークルーズで女性同士・オバチャン同士も多かったですね。オバチャン同士のお客さんなんて、ほんとカジュアルでしたよ。

ランチ・ティークルーズはカジュアルで全然OKと思います。

トワイライト・ティークルーズもそんなに気負わなくていい気がします!カジュアルでOKとホームページにありました。



コンチェルト 子連れでも全然大丈夫

子供連れのお客さんも何組かいました。平日だったので、小学生未満の小さな子連れがほとんどでした。

土日は小学生も多そうですね。

デッキに、「デッキの下はレストランなので、お子様が走ったりするのはご遠慮ください」と張り紙がありました。

そのあたりをしっかり気を付けたら、あとはお行儀よくしすぎる必要もないし、子ども連れでものびのびゆっくり楽しめます。

娘はピアノを習っているので、ロビーでの生演奏、ピアノ演奏にもお姉さんのドレスにも興味津々で♪

子供向けにディズニーの曲とかも演奏してもらえて、とてもよかったです♪

神戸コンチェルト、子どもと2人で乗船してきましたが、とてもゆったり楽しいひとときを過ごすことができました♡

下船前にはロビーでお別れの生演奏♪

最後まで聴いて満足して2人で下船しました。

また機会があれば、今度はパパも一緒に…、食事付でコンチェルトに乗ってみたいなーって思いました。

いつか記念日にまたコンチェルト乗れることを祈りつつ…☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする