幼児の体操教室 1年半通ってみた効果は!?

こんにちは!marchです。

娘の習い事。

年中の4月から体操教室に通いました。

習うきっかけは、普段の運動量の少なさが気になっていたためです

当時は共働きで朝から夕方遅くまで保育園。幼稚園の子みたいに夕方お外で遊んだりしていなかったし、週末は週末でまた仕事や家事で忙しくあまり公園にも連れて行ってあげれてなかったり。

たまに公園に連れていっても、娘は砂場遊びが大好きで、公園滞在時間の8割は砂場でじっとしているカンジでした…。

このままではダメだ…と思い、習い事として体操教室に通わせることになりました。

そして、頑張って週1回通い続け、早くも1年半になりました。

幼児の体操教室ってどんなことをするのか、1年半通って効果はある?

毎週付き添って見学してきた感想をまとめます。


幼児の体操教室ではどんなことをする?

娘が通う体操教室は、器械体操ではなく、跳び箱・マット・鉄棒を中心とした体育教室です。

ここの教室で頑張ったら小学校の体育の授業で困らないとよくコーチが言ってます。

60分授業で、生徒は年少~年長まで混合で10名程度、コーチは2名体制です。

生徒が少なめなので順番待ち時間とかは気になりません。少人数制の教室はいいですね!

跳び箱・マット・鉄棒は月替わりで、1か月間は同じ種目、跳び箱の月なら跳び箱ばかり練習します。

その月の種目の練習を中心にたっぷり体を動かします!

まずは挨拶!体操教室では礼儀作法も指導してもらえます

教室に入室する瞬間から授業は始まります。

入室時はコーチに「こんにちは」と大きな声で挨拶をします。

ここできちんと挨拶できない子はいつも叱られてます(汗)

そして、最初の5~10分は出席カードのチェックをしてもらったり、お手紙をもらってコーチのお話を聞いたりします。

ここでまたコーチの話を聞くのも大事な練習です。お話を聞けない子は叱られてますね(汗)

運動以外に挨拶や人のお話を聞くといったことをまずできるようにならないと、運動のときに怪我につながったりしてしまいます。

準備運動でたっぷり体を動かします

出席確認やコーチのお話が終わったら準備運動から始まります。

年少くらいの小さい子チームと年長くらいの大きい子チームと2つに分かれて運動することもあれば、同じことをすることもあります。

マットの上を走ったり、後ろ向きに走ったり、ジャンプしながら前進したり、クマ歩き、クマジャンプ、アザラシ動き、スキップ、トランポリンでジャンプとか、その時によっていろいろですが、4~5種類くらいの運動してます。

跳び箱の月なら準備運動の段階で、小さな跳び箱を手を使わずジャンプして飛び越えたり、飛び乗ったりする運動があったり、鉄棒の月なら大きな鉄棒にぶら下がって腕の力を付ける運動とかもしてます。

また、お友達と2人組になって足をもってもらいながら両手をついて腕の力で前に進む運動とかもしてますね。子供同士で協力しあって頑張ります。

これはお友達に自分たちで声をかけあって2人組になる練習も含まれてます。娘はこういう時は自分からいかないですね~…積極的に行ってほしいのですが。。。男の子が多いクラスだから仕方ないかな。。。

柔軟体操もしっかりします

準備運動、というより、結構がっつり運動したら小休憩をして、次は柔軟体操です。

マットに座って足をのばし前屈をしたり、股関節のストレッチとかをしています。コーチが順番にまわってきて背中を押してくれます。

柔らかい子は180度開脚して体も床に完全にくっつけてますねー。努力してるのか、体質なのか、、、うちの娘は全然ダメです(涙)

背倒立やブリッジ、ゆりかご運動などもします。

いろんな運動神経を刺激してるようです。

跳び箱・マット・鉄棒のいずれかの種目の練習

柔軟体操の次は、跳び箱・マット・鉄棒のいずれか、その月の種目の練習をします。

みんな同じように基本的な練習をしたら、次は子供一人ひとりの進み具合に応じて練習していきます。

順番にならんでいても、ある子は前まわりの練習、次の子は逆上がりの練習というようにコーチは誰がどの練習をするか把握していて一人ひとりに合わせて指導してくれます。

【跳び箱】

開脚とび(3段~6段)→ 閉脚とび(3段~6段)→ 台上前転(3段~6段)

【マット】

前まわり → 前まわり2回連続 → 後ろまわり → 後ろまわり2回連続 → 側転

【鉄棒】

前まわり → 板付き逆上がり → 逆上がり → 連続逆上がり

基本的にこんな感じでステップアップしていきますが、例えば鉄棒の場合、いきなり前まわりや逆上がり等の練習をするのではなく、前まわりができるための力・逆上がりができるための力を付ける練習を主にしています。
具体的には鉄棒にぶらさがったり前に後ろにぶらんぶらんしてみたり、鉄棒につかまって肘をまげてぶら下がったりといった練習です。
ある程度力だついてきたらスムーズに種目ができるようになります。
年長さんくらいになるとたまにすごく運動神経が良い子が、すごいレベルの技を練習させてもらっています。

幼児の体操教室に1年半通ってみて効果は?

体操教室に通っての効果は個人差がとても大きいと思います。

娘は運動神経がよいわけでなく、保育園年少までは運動会でかけっこは最下位。公園では砂場大好きで砂場から動かなかった娘はどんな効果があったか…

体操教室に通うと運動神経がよくなる?

運動神経がよくなったとは感じません!笑
お友達で運動神経が良い子は体操教室などに通わなくても跳び箱、縄跳びが上手だし、走るのも早いです。
娘は体操教室に通っても、運動会の競技を見ているとクラスの子の中でいたって普通でした…。

体操教室に通うと走るのが早くなる?

走るのは周りの子とくらべてちょっと早くなったように感じます。

体操教室の準備で毎回走っているので走る力がついてきたのかもしれません。瞬発力とかも。

目に見えて走るのが早くなったと感じるわけではないですが、娘が運動会でリレーの練習をしていて、リレー大好き!となったことは嬉しかったです。

体操教室に通うと体が柔らかくなる?

娘の場合は、全然柔らかくなってません…(涙)

毎週、柔軟体操の時間はあるんですけどねぇ。

家でも私が柔軟体操することがありますが、娘はしようとしませんね。

意欲がないから、柔軟体操しないし、結果柔らかくなりません!

跳び箱・マット・鉄棒はどれくらいできるようになった?

体操教室に通うからには跳び箱・マット・鉄棒は他の子より上手にできてほしい!と親としては思うものです。

跳び箱

開脚とび・閉脚とびで5段はとべるようになりました。

年中の間はイマイチでしたが年長になって急にとべるようになってきました。

保育園で年長になってから跳び箱を練習し始めたことも関係あるかもしれません。

年長になってすぐの頃は保育園であまり上手にできてなかったようで、先生から、「体操教室で跳び箱やってますよねぇ??」みたいに言われたこともありました…。

年中から跳び箱をとぶための力をつける練習をしてきて1年ちょっと経ってから力を発揮してきたようです。

小学校でも基本的には困らないと思います。

マット運動

前まわり手をつかずに立つ)、後ろまわり手をつかずにたつ)ができるようになりました。

後ろまわりは年長でもできない子は多いと思いますが、これはクリアできました。

次からは側転の練習をします。

また、両手と頭を床につける三点倒立もできるようになりました。あ、壁に足をつけての三点倒立です…。家でも布団をしいて壁際で練習してました。

普通の倒立はまだ難しいみたいですが、練習は怖がらずにやってます。私なんぞは怖くて倒立はできないです…。

鉄棒

逆上がりがまだできませんねぇ。

坂つきの逆上がりの練習をしています。

腕の力はついてきているのでもう少し!とコーチは言ってくれてます。

年長くらいでは運動神経が良い子は逆上がりはできてます。

前まわりや、前まわりをする前の鉄棒にお腹を乗せる体勢(つばめポーズ)はできるようになっています。

最初は腕の力がなくて鉄棒に上がる体勢がなかなかできませんでした。



体操教室に通っていろんな力はつきました!

年中から始めた体操教室。

娘は小学校に行ったら辞めると言っていますが、そのわりに毎週の教室では楽しそうに動いてます!できるようになったらやっぱり嬉しいみたいですし!

跳び箱・マット・鉄棒や、走ることとか、小学校にいってある程度の年齢になったら出来るようになるだろうから体操教室にわざわざ通う必要ある?って思うことがあるかもしれませんが、

1年半通ってみて、体力はついた!のは確かです。

公園でも登り棒をのぼれるようになったり、アスレチックみたいなところも怖がらずチャレンジして行けるようになったし、すごい急な滑り台とかも怖がらず行ってますね、付き合うこちらとしては大変ですけど!

通っていなくても、5歳くらいになったら出来ることだった?かもしれませんが、

毎週いろんな運動をさせてもらえて、体と頭が刺激されて成長していることは間違いないと思います!

小学校にあがったら体操教室は辞めるかもしれませんが(娘が主張するので・・・)、他に何か運動つづけてほしいなーって親として望んでます☆

さて、幼児体操教室残り半年、逆上がりできるように頑張ってねー!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする