子供が小学校低学年のうちは飲食店のパートがちょうどいいです

こんにちは!

我が家の娘は小学校1年生。もうすぐ夏休みですね!

保育園時代は長期休みなどなかったので、娘にとっては初めての夏休みです。

入学してから1学期、あっという間でした。

4月5月6月と心配性の私はずっと、娘よ、、大丈夫かなぁ、ちゃんと学校生活できてるかなぁって思い悩んでいたけれど、7月になってやっと慣れてきた感じです。

お勉強・新しいお友達作りなどなど課題は山積みですけどね(汗)

アラフォー私の仕事の方は、保育園年長の前に15年働いたフルタイム正社員を辞めて、そのあと飲食店のパートをして1年になりました。

小学校1年生は保育園に比べて帰ってくるのは早いし、毎日宿題をやらせなきゃいけないし、習い事もちょこっとやったり、まだまだ手がかかります!

仕事に関しては扶養内のパート勤務でちょうどいい生活をできていると思っています!


小学校低学年の子供がいるアラフォー私のパート体験談

帰宅時間が早く、一人でお留守番はまだ心配な小学校低学年の子供がいる場合、パートをするのもいろいろ条件がありますよね。お金持ちの方はともかく、我が家は庶民(or庶民以下)ですから私も絶対に働かなくてはいけません!!

そんな私の飲食店でのパート勤務をまとめます!

小学生の子供がいる主婦のパート勤務時間

パート先は自転車で10分程。近いってサイコーです!正社員の時は電車勤務で通勤時間にかなり時間をとられていたから、自転車10分はサイコーです!

限られた時間で働く小学生の子持ち主婦にはパート勤務先の近さは大事ですね!

さて、1年生の娘の時間割と下校時間は、

6時間目まで 15:40下校 週に1回

5時間目まで 14:40下校 週に3回

4時間目まで 13:30下校 週に1回

となっております。

なので、4時間目までの日以外は14時まで勤務可能です。

朝は8時前に登校するので、8時半から働くことはできますが、私の場合、平日は10時~14時の4時間勤務のシフトがほとんどです。扶養の範囲内で働いています。お金の事を考えたらもっと働きたいけど、低学年のうちはこんな感じになってしまいますね。

でもちゃんと娘が学校から帰ってくるのを家で待っておくことができます!

お金が必要なので土日どちらかはパート行ってます!

平日は4時間を週3日程度しか働けていないので、土日どちらかはパートに行っています!

旦那は土日休みなので、どちらか1日を家族3人で過ごせたら十分です。

私の場合もともと15年働いた正社員の会社がサービス業だったので、土日に働くことに抵抗はありません。

土日は10時から15時くらいの5時間勤務です。

お金いるなら土日も働きましょう!!土日も頑張ったら扶養範囲MAXの8万円くらい働けます。

小学校低学年の子供がいる主婦に飲食店のパートはおすすめ

飲食店のパートなら小学校低学年の子育てと家事と仕事の両立は問題ありません。仕事もそんなに難しくなく、ストレスなく働けています♪

飲食店パートのメリット① シフトの融通が利く

私の場合、曜日は固定されていないので、2週間ごとに希望シフトを提出できます。

学校行事やプライベートの予定がある場合は、×をつければいいだけ!

事務などの場合、結構曜日が固定されていたりしますよね。。。飲食店ではシフトの融通ききます!

飲食店パートのメリット② 同じ子育て主婦仲間がいる

飲食店のパートは子育て主婦の時間にちょうどよいので、同じような主婦が多いです。

私はあまり社交的ではないですが、同じような子育て主婦パート仲間と働けるのは楽しいです。情報もゲットできるし、子供の体調不良や、警報発令で休みたいなど、気持ちを分かりあえます。

また、子育てに落ち着いた50代・60代の主婦もいます。パートに行く前は怖いオバチャンにいじめられたらどうしよう…と心配していたけれど、みんな普通に優しいです。

子供の都合で早く帰らなくちゃいけない時などはそのオバチャン層(わたしもオバチャンだけど…)が代わりに働いてくれます!オバチャンもお金欲しいから全然働くよ!って感じです。

飲食店パートのメリット③ 休日は大学生が働いてくれる

飲食店では昼間はパート主婦、夜は高校生大学生がアルバイトしています。

でも、土日は昼間っから働きたい学生が仕事してくれます。

いつも主婦は休めるわけではないけれど、オバチャン達の休み希望が重なって人がいない時は学生さんが働いてくれます♪

また、子育てが落ち着いたオバチャン層は土日関係なく働けたりするので、小学生子育て組は土日両方休ませてもらってる人もいます。(私はお金欲しいから土日もどちらかは働きます!)

飲食店パートのメリット④ キッチン・ホール 自分にあった仕事ができる

接客が得意な人はホールのお仕事ができます。自分がお客さんでお店に行ったときの店員さんでイメージしやすいですよね。

接客はちょっと・・・という場合はキッチンや清掃の仕事があります。

私はまず店の清掃をしてからキッチンの仕事をしています。

キッチンといってもスゴイ料理をするわけではなく、お湯を沸かして簡単なスープベースを作ったり、野菜を切ったり、盛り付けをしたり、デザートの下準備をしたりという作業。料理の腕は関係なし、誰でもできます。

飲食店パートのメリット⑤ 料理のレシピを覚えられる

飲食店で働いていると、お店で作る料理のレシピを覚えられたり、レシピまでは覚えれなくても、料理の幅が広がったりします。

店でこんな料理があるから家でもやってみよう!とレパートリーが広がりました。

夏休みは学童保育を利用します

初めての夏休みは学童保育を利用する事にしました。娘の学校では働いている主婦が少ないのか、申し込んだらいつでも入所できるありがたい状況でした。

夏休みもパートでお金稼ぎたいので、子供は学童に行ってもらいます。

ちなみに、飲食店のパートでは、もしも、学童を利用できない場合でも(私のお店では、)土日に働くから夏休み平日全部休みたい…と言ってもOKだしてもらえそうです。

他に、稼ぎたいパートさんもいるので働いてもらえるし、土日やお盆の忙しいところで出勤してもらえたら店的にはOK!って感じです。


小学校低学年のうちはしばらく飲食店パートでゆっくり家事育児に時間をかけます

お金のことを考えたら本当はもっと働きたい!って思うのですが、子供が1年生の現在、飲食店パート勤務くらいに抑えて、子供のお勉強や宿題などにしっかり付き合っていたいと思います。

低学年のうちから学習習慣をつけてコツコツ頑張ったら、高学年で塾に行かなくても済むかな!?高い塾代を払いたくないので、今は仕事は抑え時!!子供との時間を大切にするときかなってケチケチ根性が思わせてくれています。

15年正社員でバリバリ働いていた時のことを思い出すと、飲食店のパートかよ…ってなんだか物足りなく感じることもあるのですが、でも、ストレスなく上手いこと生活できているので、、、もうちょっとパートで甘えさせてもらいたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする