子育てのため退職し失業保険受給に伴い夫の扶養に入ったり外れたりの手続き

こんにちは!marchです。

子育てのため15年働いた会社(正社員)を退職したので、半年くらいハローワーク通い失業保険を受給しました。

自己都合退職のため受給制限期間が3か月…。その間夫の扶養に入りました。

そして受給が始まってからは扶養を外れ、国民健康保険・国民年金1号に加入しました。

退職したらすぐに夫の扶養に入る手続きをしました

退職してすぐに転職する予定はなかったし、自己都合退職のため失業保険の給付制限期間が3か月あるため、退職日翌日付で夫の扶養に入りました

退職後の健康保険の加入には3つの選択肢があります。

配偶者や親族の健康保険の被扶養者になる

退職後の年収が130万未満ならば夫の扶養に入れます。その年にすでに130万以上稼いでしまっていても大丈夫!退職してから後に見込まれる年収のことです。

月収108000円くらいまでならパートをしても扶養に入れます。

でも!失業保険を受給する場合は注意!基本手当日額が3611円以上の場合は扶養に入れません!

私のように正社員を退職して失業保険を受給する場合は、基本手当日額が3611円以上になると思われます。

退職してすぐは扶養に入ることができるけれど、受給が始まると扶養を外れなければならないということです。

退職時に加入している健康保険の任意継続被保険者になる

夫や親などの扶養に入れない場合は、退職時に加入している健康保険に2年間加入し続けることができます。

退職して20日以内に手続きをしなければなりません。

在職時と同じように健康診断・人間ドックの補助を受けることができたり、健康保険組合の保養所が使えたりすることもあります。

居住する市区町村の国民健康保険に加入する

夫や親の扶養に入れない場合は、②の任意継続の他に、国民健康保険に加入することもできます。

②と③で保険料を比較して安い方に加入するとよいです。

退職して失業保険受給中は、国民健康保険料の減免を受けることができるかもしれませんので、よく比較検討してください。

夫の扶養に入るための必要書類

夫の扶養に入るために、在職時に加入していた健康保険の脱退証明書とか、退職証明書とかそういった書類がいるのでは?と思っていたのですが、夫の会社からは何も要求されず、年金手帳だけだったか、、、特に準備する書類なく、すんなりと扶養に入れてもらえました。

これは会社によって違う思います。

3か月の失業保険給付制限期間が終わると扶養を外れる手続きをしなければならないので、ちょっとバタバタするし夫の会社にも迷惑かけるなーと思っていたけれど、

私の場合は、離職票が届くまでに2か月かかり、それからハローワークにって求職手続きをして、からの、給付制限期間3か月。で給付開始までに結構時間がかかったので、やはり退職後すぐに扶養に入ってよかったです。



失業保険給付開始したら扶養を外れます

失業保険の給付が始まったら扶養を外れて自分で国民年金・国民健康保険に加入しなければならないっていうのは分かっていたのですが、

給付開始って具体的にいつの事?認定日?振込されてから?はっきりした日付があるのかよくわかりませんでした。

区役所の健康保険窓口に行って聞きました。

扶養を外れる日付は雇用保険受給資格者証裏面(写真のある面)で確認

雇用保険受給資格者証の写真を貼ってある面に、認定日にハローワークに行ったときの記録が印字されます。

初めての認定日の時に、

待機満了 待機満了日 291228

給付制限期間 291229-300328 離職理由40

と印字されていました。

私の場合、

29年12月22日に初めてハローワークに行き求職申込をして、

29年12月22日~29年12月28日が待機期間でした。なので、待機満了日291228となってます。

その翌日の29年12月29日から30年3月28日の3か月が給付制限期間でした。

で、扶養を外れるタイミングは給付制限期間終了日の翌日付です。

私の場合は、30年3月29日付で自分で国民年金・国民健康保険に加入となります。

実際失業保険の初回振込日はもう少し後でしたが、給付制限期間終了の翌日から扶養を外れます。

月の途中からの加入となりますが、国民健康保険料の日割り計算はありません。。。

失業保険受給中の国民年金・国民健康保険の保険料は減免が受けれます!

失業保険というありがたいお手当がいただけると言っても、自分で国民年金・国民健康保険に加入して保険料を支払うのはイタイなぁーーって思ってました。調べていたところ、結構保険料って高いですもの・・・。

金額高いのは覚悟して、加入の手続きに行ったのですが、雇用保険受給資格者証で失業中であることがわかると、なんと保険料を減免してもらえました。

国民健康保険料については、予想していたより半額くらいになりました。

そして、国民年金は、我が家の場合、たまたま夫も3月に転職したことにより、夫の転職前の会社の離職票を提示すれば、私の国民年金保険料が全額免除になりました。

ちょっとしくみはよく理解してないのですが、世帯全員失業みたいなことになったのでしょうか。。。

手続き時に、「夫は今はもう働いてますけど…」って話ましたが、前職の離職票があるだけで免除してもらえました♪

我が家のように、たまたま夫の離職票があり全額免除、、、なっていうケースはあまりないと思いますが、ご自身の雇用保険受給資格者証だけでも何割か減免してもらえると思います。



失業保険の受給終了で再度夫の扶養に入る手続き

数か月の間、ありがたい失業保険のお手当をいただきました。

しかし、あっという間に失業保険の受給終了が近づいてきてしまいます…。

受給終了後はまた夫の扶養に入るのですが、具体的に何月何日付けとなるのか。

最後の振込が終わってから?それとも最後の認定日?

失業保険の受給終了で扶養に入るタイミング

扶養に入れるのは認定(支給)期間終了の翌日からです。

雇用保険受給資格者証の顔写真ページに、認定日ごとに支給内容等が印字されますが、そこに、認定(支給)期間や、残日数が載っています。

たとえば、8月3日の認定日に、残日数2となっていたら、8月3日・4日の2日で受給終了となるので、8月5日付で扶養に入れます。

認定日には、前日までの期間の手当ての支給手続きがされるので、残日数は認定日から起算して数えます。

扶養手続きに必要な書類

失業保険の受給終了後に扶養に入るためには、雇用保険受給資格者証のコピーと、年金手帳が必要です。

雇用保険受給資格者証を見てば、受給が終わっているかどうか確認ができるためです。

残日数が少なくなってきた時点で、雇用保険受給資格者証の顔写真ページに、

“支給終了または期間終了間近です”

と印字されます。

この“支給終了または期間終了間近です”と印字された雇用保険受給資格者証のコピーを提出することで扶養手続きを取ってくれる保険組合もあるようですが、私の夫の健康保険組合では、

“支給終了”

の印字がないと手続きできないと言われました。(協会けんぽでない)

健康保険組合によって異なると思いますので、事前にどのような書類が必要か、確認しておいたほうがよいです。

健康保険組合の方とやりとりできるなら直接話した方が安心です。会社の労務担当者では場合によってはチンプンカンプンなことを言ってくることもあります…。

夫の会社から新しい保険証をもらった国民健康保険の脱退手続き

夫の扶養に入って新しい保険証が手元に届いたら、失業保険受給中に加入していた国民健康保険の脱退手続きをします。

区役所の窓口に行って、国民健康保険の保険証と、新しく届いた保険証を提示すればOKです。

新しい保険証が届くのが多少遅くなって、脱退手続きが遅くなっても問題ありませんでした。

窓口で指示される通りに書類を作成したら手続き完了ですが、最後の保険料の計算があり、思っていたよりも追加で保険料を払うことになりました。

国民健康保険は4月~3月までの1年分の保険料を、6月から3月の10回に分けて納めることになっているので、年の途中で脱退すると端数?の計算がされます。

最後まで予想を超える出費があり、痛かったです。。。

ありがたかった失業保険の給付金。終わってしまって悲しいけれど、扶養関係の手続きも一通り終えて、やれやれって感じです。

これからパートでも探そうかなぁ☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする